被害者編!交通事故に遭遇してしまったら:補償、慰謝料とは

 

慰謝料

交通事故に遭ってしまったけど、怪我の補償や慰謝料はどうなるのかよく分からない方も多いでしょう。適切な補償をうけるために自分で基本的な知識を持っておくことも大切です。

交通事故の損害賠償

交通事故の被害により受けた怪我の治療費、通院費、病院までの交通費、逸失利益、慰謝料など被害者が受けた損害は加害者の自動車保険から支払われます。自動車保険には自賠責保険と任意保険があり、まずは自賠責保険へ賠償請求をして、足りない分を任意保険から補ってもらう仕組みです。基本的には保険加入者が保険会社に連絡して対応してもらうことになりますが、加入者が保険会社に連絡をしてくれない場合でも自賠責保険には被害者みずから連絡をして補償してもらうことも可能です。問題は加害者が任意保険に加入していなかった場合です。

車同士の事故の場合は、自分が加入している自動車保険の無保険車保険や人身傷害保険で補償を受けることも可能です。しかし歩行者であった場合は自分の自動車保険は使えないので、いずれにしても加害者に請求するしかありません。加害者が素直に支払いに応じてくれればいいですが、揉める場合は弁護士依頼して催告したり、裁判を起こしたりと面倒なことになるでしょう。

自賠責保険と任意保険の補償を受けるには警察の事故証明が必要になるので、必ず事故の届け出をしなくてはいけません。また、軽度の怪我であっても人身事故として届ける必要があります。目に見える怪我がない場合でもむち打ちなどの症状が出る場合があるので、気になる症状が出た場合は病院で検査をして診断書をもらいましょう。事故による後遺症と診断された場合は物損事故から人身事故へ切り替えるために警察に再度届け出ることが必要です。
人身事故の処理をしていないと治療費等の請求はできないので注意しましょう。

損害賠償の相場

さて、実際にどのくらいの賠償額が支払われるのかですが、交通事故では双方の過失割合を出し、過失分の損害を支払います。100%被害者である場合は加害者の自動車保険から100%の補償を受けることができますが、交通事故では一方が悪いというケースはあまり多くはないため、両方に過失が認められるでしょう。過失割合は、警察がまとめた資料と過去の判例を元にして双方の保険会社が話し合いの上で決めます。しかし過失割合に納得がいかない場合は弁護士をたてて戦うことも可能です。

なぜ弁護士を立てるほどの問題に至るのかというと、過失割合は賠償に大きく影響してくるためです。

例えば、事故により損害額(治療費、逸失利益、慰謝料など)を計算したところ1000万円の賠償請求ができるとします。しかし、自分の過失割合が20%なら800万円の請求ができますが、過失割合が50%なら500万円の請求しかできません。このように過失割合から慰謝料を減額することを過失相殺といいます。そのため、多くの賠償をうけるために自分の過失をいかに抑えるかが重要になるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!