交通事故の加害者になってしまったら?:事故現場での注意点

 

交通事故加害者

日本は車社会ですから、安全に運転を心掛けていても、誰でも交通事故の加害者になる可能性があります。当然ながら事故を起こさずに安全に配慮をしながら運転をすることが大事ですが、もし加害者になってしまった場合は、その後の対応が重要視されます。事故を起こしてしまい、気持ちがパニックになってしまうのも理解できますが、とにかく冷静になって、事故現場で行わなければならない注意点がいくつかあります。

けが人の救護活動が第一

まず一つ目は、とにかく交通事故を起こしたと感じたらすぐに車を停車させて、怪我人が入る場合は救護活動を行うことが大事です。車は安全な場所に停車させてから、怪我人の状態を確認して、救護が必要だと感じたらすぐに救急車を呼びます。

そしてその後すぐに、警察に連絡することが大事です。怪我人がいない場合、物損事故であっても警察に連絡して状況確認などの捜査を受けるのは義務になっています。警察に連絡をしなければ、事故によって車が破損した場合や、車がぶつかったことによって物などが壊れた場合にも保険が申請できないことがありますから気を付けましょう。

そして当然ながら、事故を起こして怪我人がいるのに、逃げてしまったり救護活動を行わない場合は、ひき逃げという犯罪をおかしたことになるので、逮捕されることがありますし、免許停止など社会的にも大きなペナルティを受けることになります。

その場で示談はしない

そして2つ目は、起こしてしまった交通事故で、被害者に怪我がなくても車が破損している場合があります。その時も警察に連絡をした後に到着するまで、被害者と話す時間がある時があります。しかしその時に事故に関して示談をしたり、念書を入れる、お金を渡すなどは絶対にしてはいけません。問題を大きくしたくなくて、お金を渡して解決してしまおうと考える人はいますが、それは実は決してしてはいけないことで、後々にトラブルが起きることが多くなります。

なぜなら交通事故の場合、事故直後は怪我がない場合でも、少し時間がたってから、むち打ち症などが出る場合があります。その場合は症状に応じて、慰謝料を支払わなければなりませんが、保険会社を通さずに勝手に示談金などを支払ってしまうと、ややこしいことになります。そのため、事故現場ですぐに問題を解決しようとせずに、警察に実況見分を行ってもらってから、保険会社に相談して、今後の慰謝料などの示談交渉を進めてもらうことが必要です。

交通事故加害者には、被害者に慰謝料を支払うだけでなく、行政上の責任や刑事上の責任なども負わなければならないことがあります。事故を起こしてしまったら大きな代償を支払うことになりますが、必要以上に恐れる必要がありません。安全運転をすることは当然ですが、それでも交通事故の加害者になってしまった場合は、自分ができる最大限の力で被害者に保証を行い、背様々な責任を負うことで、やり直しをすることができます。そのためには決して事故現場から逃げたりして自分の責任を放棄せずに、保険会社や弁護士など信頼できて専門知識を持つ人に相談をすることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket