交通事故で愛犬が被害に!慰謝料と法律を知っておく

交通事故にあった犬

犬の交通事故

ペットを買っている方は多いですが、犬を飼っていて交通事故にあった時は対応が難しいです。車などの事故にあった時に動物は、物として扱われるので注意をしなければいけません。飼い主からすると物と扱われるのは、疑問を感じるでしょうけど法律はそうなっています。法的には飼っている動物は物扱いなので、物が壊された問題として手続きをします。

交通事故では精神的な苦痛に対して、人間の場合は慰謝料を請求することも可能です。怪我などの費用も請求できますが、ペットの場合は状況が大きく変わります。飼っている動物は物として扱われるので、精神的な問題としては問われません。何らかの商品が壊れた事と同じ対応になりますから、もらえる金額は少なめです。

犬の怪我の治療費

飼っている犬の怪我でもらえる金額は、その価値によってある程度変化します。あくまで物を壊した扱いになりますから、元々持っていた価値に応じでお金をもらえます。動物の場合は血統書がある、特別なものならば高い価値を持っています。そういうものを飼っている場合は、大きなお金をもらえるかもしれません。一般的なペットだった時は価値も低くなるため、もらえるお金はかなり小さくなります。

交通事故で飼っている動物が怪我をした時は、物の破損として扱われてます。その場合は動物の価値までしか支払い義務がないので、大きなお金は請求できません。例えば10万円の価値がある犬ならば、大きな怪我をしても10万円以上もらえらないです。

人間の場合は精神的な苦痛や、後遺症に対してもお金をもらえます。しかし動物の場合は物として扱われるので、本来持っていた価値以上は請求できないです。交通事故にあった時はこのような問題に気をつけないと、色々なトラブルを発生させます。飼い主からすると大切な犬が怪我をしたのに、殆どお金を請求できないのは不満があります。物として扱われるのも困りますけど、法的にそうなっているので仕方がありません。

慰謝料

ただ最近はある程度傾向が変わっていて、以前に比べると柔軟な対応も可能です。例えば事故を起こした相手と交渉できれば、それなりのお金をもらうこともできます。裁判所もペットを家族とみなした場合は、ある程度大きなお金の支払いを認める事があります。家族とみなすためにはどう接していたのかについて、証明をしなければいけません。そういう事を証明できれば、大きな慰謝料をもらえる事もあります。

ペットの交通事故は人間の問題と違い、法的な手続きが大きく変わるので対応が必要です。犬が怪我をした時は物の破損として扱われるので、本来持っていた以上のお金は請求できません。後遺症が発生して長期の治療が必要でも、お金を請求しづらいので問題になりやすいです。

交通事故で怪我をしたペットの問題は、以前に比べると色々変わってきています。ただ今の状態では大きなお金は請求しづらく、上手く行ってももらえる金額は少ないです。家族として犬を飼っていることが証明できれば、増やせますが証明する負担もあります。