交通事故の際の弁護士費用は?

弁護士費用

交通事故を起こしてしまった際は任意保険に入っていれば保険会社と相手方が話をして、過失割合によって修理費を決めたりしますが、中には折り合いが合わずに揉めてしまうこともあります。そんな時に頼りになるのが交通事故専門弁護士です。しかし、実際に依頼をして裁判などを起こすとなると費用はどれくらいかかるのでしょうか。

弁護士費用

まず、弁護士というと敷居が高く、費用も高いイメージがあります。不当な価格を提示されるのではと心配する方もいますが、そんなことはありません。日本の弁護士は全員が日弁連という連合会に属しています。日弁連には「報酬に関する規定」があり、「報酬は経済的利益、事案の難易、時間及び労力、その他の事情に照らし合わせ、適正かつ妥当なものではなくてはならない」と決められています。そのため、法外な費用を請求される心配はいらないのです。

では、具体的にどれくらいかかるのかというと、相談だけなら無料で行ってくれる場合もあります。もしくは時間制になります。相場は1時間一万円程度です。そして実際に依頼した場合、示談にするか裁判にするかで費用は異なってきます。

まずは着手金が必要になります。これは示談・裁判の結果に関係なく支払う費用になります。大抵は補償金の価格によって決まります。しかし、補償金が低額の場合は着手金は無料で成功報酬だけで済む場合もあります。そして成功報酬は補償金の10%前後です。また、その他にも裁判所に出向いた際の日当や、裁判手続きのために郵送などの送付物にかかった金額もかかります。このように聞くと、かなりの金額がかかるイメージがありますが、だからと言って交通事故のトラブルをそのままにしておくと相手方から不当な金額を請求されたり、逃げられる可能性もあります。そうならないためにも、早めに交通事故に強い弁護士に相談して、解決しておくことが必要です。

交通事故弁護士選び

交通事故弁護士ポータルサイト

そのためには、まずは交通事故弁護士選びが重要です。示談や裁判にしてもうまくいかなければ、ただ金額がかさむだけですが、成功すればトラブルは解消しますし実際の金額も補償金による成功報酬があるので、実費はあまりかかりません。何よりも面倒な手続きを自分でする必要がないので楽です。そのためには交通事故に精通した方や事務所を選ぶことをおすすめします。
このように交通事故に遭うと、トラブルになってしまうことがありますが、そのような時は専門の弁護士に一度相談してみることをおすすめします。金額についても相談できるので、自己負担をあまりかけずに依頼できる場合があります。